悪循環になる前に出してスッキリ!!

私は元々お通じは一日一回以上必ずありますし、便秘体質ではありませんでした。
ですが、やはり妊娠中はおなかの赤ちゃんに膀胱などを圧迫されていたせいなのか、お腹が目立ってくる妊娠後期からは、毎日のように悩まされるようになりました。

普段便秘を滅多にしないだけに、一日出なかっただけで気持ち悪く、もうその日は超ブルーな気分です…
でも便秘は溜めれば溜めるほど出にくくなるのを知っていましたし、とにかく一日必ず出すように努力していました。

元々は便秘体質でないのもあって、あるものを食べればだいたいOK!
それは、割と便秘対策には定番だと思いますが、ヨーグルトです。

いつも私は朝トイレに行くので、朝ごはんに食べていました。
それで出なかったら、また昼過ぎのおやつぐらいの時間に1個食べる、という感じです。

ヨーグルトは製品によって、その人の体質に合う合わないがあるらしいので、効き目がない方は、色々なメーカーの色々な製品を試してみると良いようです。

あと、大事なのは、トイレでの姿勢です。
一昔前は当たり前だった和式トイレですが、今は一般家庭ではなかなか見られなくなりましたね。
実はあの姿勢が一番出しやすい姿勢だそうです。

でも、今更トイレを洋式から和式トイレに取り換えるのは無理!!なので、それに近い姿勢で頑張ってみましょう。

まず、100円ショップにも売っていますが、お風呂で座るような箱型の小さなイスを用意して下さい。
(あまり高さが高すぎないもので)

それを洋式トイレの前に置いて、その上に両足を置きましょう。(置くだけでいいです。お尻は普段通り便座に座っててOKです。)
ちょうど体育座りのような格好になると思います。
でも、こうするだけで下腹に力を入れやすくなります。

お腹が少々大きくても座っている格好から、台の上に足を上げるだけで安定したままなので、妊婦さんにも安心です。
私はこうやって妊娠中は乗り切りました。

初産は、難産ではあったものの普通のお産だったんですが、産後直後はトイレでいきむのが怖くて、便秘になりました。
そしたら便が固くなって、出したくても出せなくなり、ヨーグルトも何もかも効かなくなって、結局入院中に、授乳中でも大丈夫な便をゆるくする飲み薬を出してもらって、何とか出しました。

本当に苦労したので、皆さんも産後も気を付けて下さい。

とにかく溜めずに出すことを心掛けて下さいね☆

食べ物で便秘改善

妊娠中や産後は赤ちゃんやママの体はとってもデリケートです。

その為、薬などは余り使いたくない時期ですね。

そこで、食事から改善できる便秘解消法をご紹介致します。

1,食物繊維を取ること

多くの方がご存知の便秘解消の「食物繊維」を取るということ。
しかし食物繊維には「水溶性食物繊維」という水に溶けやすい性質のものと「不溶性食物繊維」という水に溶けにくい食物繊維の二種類があります。
これは1:2の割合で取るのが理想的とされています。

水溶性食物繊維の多い食品はあぼかど、大根、納豆、昆布、めかぶ、かぼちゃ、りんご、バナナなどです。
不溶性食物繊維はの多い食品は大豆、小豆、いんげん、ブロッコリー、小麦(ふすま)、さつま芋、えのき、干しひじきなどです。

2,オリゴ糖を取る

これもまた多くの方がご存知のことかと思いますが、「オリゴ糖」を取ることもまた便秘解消に効果的です。砂糖に比べてカロリーも低いのでダイエットにも適しています。普段のお砂糖をオリゴ糖に替えるだけよいので手軽に摂取できますね。

3,乳酸菌や発酵食品を摂取する

ヨーグルト、納豆、チーズ、醤油、豆味噌などの発酵食品や、ヨーグルトなどの乳酸菌を取ることをオススメします。しかし塩分や糖分には気をつけましょう。

ヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べたり、味噌汁の具ごぼうや豆腐を入れて頂くと、さらに便秘解消に期待出来ると思います。

4,オリーブオイル

オリーブオイルも一日大さじ一杯を目安いに摂取するとよいとされています。エクストラバージンオイルのオリーブオイルを選び、パンに塗ったりドレッシングにして召し上がると摂取しやすいですね。

5,フルーツグラノーラを食べる

食物繊維も豊富で、妊婦さんにも人気の商品、フルーツグラノーラ。間食として食べたり、朝食の代わりに食べたりできるので便利です。しかし美味しすぎて食べ過ぎちゃう蛍光があるようなので、摂り過ぎには注意しましょう。

6,水分補給

妊娠中や授乳している間は赤ちゃんに水分をとられたり、母乳を作るためにお母さんの体内の水分が不足気味になります。これが便秘に繋がることもあるので、水分は一日2リットルを目安にこまめにとりましょう。水道の水よりミネラルウォーター、冷たいものよりホットミルクなど、温かいものがよいでしょう。

便秘対策にはココナッツオイルと水分補給

毎回、妊娠後期から特に産後は酷い便秘に悩まされました。

産後の便秘なんて、力むと傷が痛いので、全く力む事が出来ないまま数日が過ぎていき・・・すっかり便秘症になり、カッチコチのうんちを出すのがとっても涙、涙、だったことを覚えています。

ですが、3人目の子供を出産した時に、便秘の対策としてココナッツオイルを摂取するようにしていました。
今時分、ココナッツオイルは大ヒットしている商品ですよね。

その良さは色々とありますが、あまり知られてはいないのですが、便秘にもとってもいい商品なのです。

ココナッツ

というのも、ココナッツオイルはとてもいい油なので、大量にとっても安心だという事で知られていますが、大量に取る事によってうんちがゆるくなるのです。

うんちがゆるくなる、というと心配される方もいらっしゃるので、商品販売に「うんちがゆるくなる」とはどこの商品でも言っていないのです。

ですが、うんちがゆるくなっても特に取りすぎてしまったから体に悪いということもないのがココナッツオイルのいいところなので、ゆるくしてくれるくらい食べても大丈夫なオイルなのです。

このオイルが妊娠後期の代謝の悪い時期の私に、いいうんちを出させてくれました。
産後も意識して摂取するようにしていたら、うんちの出は最初の出産と比べてとても良かったのです。

ココナッツオイル自体は体を冷やす作用もあるので、あまり取りすぎると産後の体を冷やしてしまう可能性があるので、ほどほどに摂取するのがいいと思いますが、食物繊維などを意識して食べるよりは効果は高い気がします。

そしてもうひとつ代謝をアップさせてうんちの出を良くするために大切なのは、水分をいつもより多く取る事です。
おっぱいが出たりして水分が失われる中、体の中のめぐりを良くさせるのはやはり水分です。
意識して取ってみてくださいね!

妊娠後期~出産後の便秘対策

妊娠後期から出産後はとにかく便秘に悩まされる人が多いですよね。
妊娠後期は体の動きも悪くなったり、体の中も赤ちゃんに栄養が行くようなからだのめぐりになっていて、自分への栄養や代謝などはどうしても二の次になってしまっています。

産後は体を休めることが中心ですから、もちろん腸の蠕動運動が活発になるような活動はしておらず、体の動きも悪くなっています。
出産というからだの急激な変化を終えたばかりの体内は、活動も普段の活動よりはアンバランスになっている状態です。

妊娠中の便秘、産後は特に力むことが極力できない状態になっていますので、便秘はとってもつらい症状となります。
だからこそ、妊娠中・産後は普段より代謝の落ちた体の状態だということを意識して、この時期は便秘にならないようにいつもより食べるものに気を使って行く事はとても大切な事だと思います。

まず、うんちが固くなってしまう大きな原因となるのは、代謝の悪さです。
その対策として、意識して水分を多く取るようにするといいです。

諸説では一日2リットルなどといわれていますが、意識してこまめに沢山とっているほうが便秘になりにくいと思います。
特に産後はおっぱいを出しますので、体の水分がおっぱいからかなり出ていってしまうのです。
そこに体を動かさないでじっと休んでいる状態が続くと、すぐ便秘になってしまうのです。

なので弁が少しでも水分を含んで出てくるように、水分は沢山取った方がいいです。
意識して飲んでいるのといないのとでは、本当に便の出に大きく影響するので、出産前から意識して飲むようにしているといいと思います。

そしてもうひとつ便の出をよくしてくれた食品は、ココナッツオイルです。
過剰に摂取するとうんちがゆるくなるくらいでした。
(沢山取ってゆるくなっても問題ない質の良い油なのです。)

ココナッツオイルは体を冷やすといわれているので、取りすぎは注意した方がいいですが、適度に取る事で本当にうんちがするっと出て大変便秘にいい食品でしたよ。

妊娠後期や産後は超の動きも活発ではないので、食品を意識するのがとっても大切だと思うので、皆さんも口にする食品を便秘効果のあるものに意識してみてくださいね!

水分不足は便秘のもと!

便秘・・・普段の生活でもお腹が苦しくなったりで気分が悪いのに、妊娠中や出産直後、授乳中で、身体が普通でないときの便秘は更に辛いですよね。
かといって、お薬で対処するのも少し気になってしまって、なかなかできません。

妊娠中は、特に臨月ともなると、赤ちゃんは2キロ、3キロとなります。他にも羊水、胎盤、それだけのものがお腹に入っているんです。
それだけあれば、あらゆる内蔵を圧迫しますよね。

膀胱も圧迫され、トイレが近くなって体の水分が少なくなるのも妊娠中の便秘の原因です。できるだけ水分を摂ってみてください。
しかし、お水をたくさん飲むというのも、今度は圧迫されている胃がそんなに受け付けず難しいかもしれません。日中、こまめに意識して水分を摂るようにしてみてください。

出産直後は会陰切開などの傷が完治せず、痔にもなりやすくて大変ですよね。
いきむのも怖かったりして、便秘になりがち。。。
そのまま授乳が始まると、また身体の水分がどんどん減ってしまって便秘がひどくなります。

授乳するとやたらとお腹がすいて、ついつい沢山食べてしまいがちですが、食べるよりも水分を摂ることを意識してみてください。
ジュース、コーヒーなどではなく、お水がいいと思います。

そして便秘の時には運動してみよう。
とは言いますが、妊娠中ならまだしも、出産直後は運動なんて出来ません。お母さんの体が辛いですし、寝不足、育児でヘトヘトな時に運動しようなんて気持ちにならないのではないでしょうか。そんな時間あったらゆっくり寝たいですよね。

しかし、それでもやっぱり便秘は辛いです。
運動不足で身体も調子が悪い。けれど運動している余裕はない。でも、なんとかしなきゃ。という方は、授乳のときには沢山水分を摂ってみてください。
そして、できれば誰かの協力を仰ぎ、ぐっすり寝る時間も作ってみてください。
身体の調子をできるだけ整えることができれば、便秘もきっと良くなるはずです。

青汁と8の字体操

私は2児の母です。普段はそんなに便秘になるということはなく、どちらかというと軟便に悩むタイプです。ところが、産前も産後もちょっとした便秘になりました。

産前は体操をするわけにもいかないかなぁと思い、実家の母に何気なく話したところ、「これ、飲んでごらん。私にはよくて、最近飲んでるよ」と教えてくれたのが青汁でした。

青汁

えー、青汁ぅ?と、飲みにくいイメージしかなかったのでちょっと尻込みしたのですが、母の話では飲みにくいことなんて全然ないというので、水で溶いて飲んでみました。
へぇ、青汁って、こんなんなんだ。と拍子抜けした感じでした。

外箱を見てみると、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖が入っているとのこと。
ミネラルやビタミンもたくさん入っているとのことだったので、変なサプリ飲まずに試してみようと少しもらって飲み始めたら・・これが私にはとてもよかったのです。
飲んでいれば大体毎日、何も苦労することなくお通じがあるようになりました。今、いろんな会社から青汁が出てます。いろいろ試してみるのはいいことだと思います。無料お試しもたくさんあります。

産後も青汁を続け便秘に苦しむことはなかったのですが、ちょっとお金がかかることなので運動するのもいいかなと思い、調べてやっていました。
人に聞いてやっていたのは、8の字体操です。腰に手を当てて、腰というか骨盤を前後左右に8の字を書くように動かします。
さらに、左手が当たる部分、つまり左側の骨盤付近には大腸の曲がり角があるので、そこを少し指で押すように刺激をします。
ここは便が外に出るまでの大腸の最後の急カーブなので、便が進みにくくなることがあるそうです。
8の字体操で便の進行を促し、最後の急カーブでとどまらないように刺激してあげるというわけです。これもかなり効果があったように感じます。

産後は赤ちゃんにおっぱいを吸われて、知らぬ間に水分不足になることもあるようです。
水分は意識してとるように気をつけるといいと思います。そう考えると、青汁飲んでおけば栄養補給もできて水分も取れるので、一番おススメです!

帝王切開でいきむのが怖い人にも

わたしは出産の時に、帝王切開を受けました。
予想外の帝王切開で驚きましたし、術後の痛さも尋常ではありませんでした。

手術の翌日には歩行許可も出ましたが、動くと痛みがあるために、トイレ以外はあまり積極的に動くことができませんでした。またトイレも排尿のみで、排便はいきむのが怖くてゆっくりトイレに座ることもできませんでした。

手術の前後で食事をとっていなくて、便になるものも少なかったのでしょう。また動かないことによる運動不足と、いきみ不足で便秘になってしまいました。

もともと快便だったので、心配ではありましたが、授乳があるので、薬はなるべく飲みたくありませんでした。

そんな時病院に差し入れしてくれたのが、オリゴ糖です。便秘にきくとされ、便秘がちの母が愛用していたのです。

私は正直これだけで便秘が解消されるのかと心配でしたが、お腹をマッサージすることもできずほかの手段がなかったので、オリゴ糖を試してみることにしました。
それから二日後に便意がやってきました。私は久しぶりの便だから、さぞかし固いし、もしかするとお尻が痛くなってしまうかもと心配でしたが、オリゴ糖を飲んだお陰か、とても柔らかい便が出たのです。

便秘が解消されたので、その日は3回と排便回数は多かったのですが、柔らかかったので、問題ありませんでした。

それからは便秘には、オリゴ糖を使用しています。
産後は痔にもなりやすいと聞いていたのですが、このオリゴ糖のお陰で痔になることもなく、産後の排便は快適に過ごせるようになりました。
あとは水分も大切ですね。私は牛乳にオリゴ糖を入れたり、水分を積極的にとるように意識していました。オリゴ糖は料理にも使えるので、手軽でおすすめな方法です。

ソフロロジーで妊娠中の便秘解消

妊娠出産を経験したことがある方、またそうでない方も、女性ならではの悩みの一つといいてもいいくらい便秘で悩んでいる方もおられると思います。
私自身も妊娠中、また授乳中には便秘で悩まされました。

妊娠前も少し便秘気味だったのですが、妊娠するまでこんなにも自分の体が変化するとは思いませんでした。

妊婦健診の際には毎度毎度便秘薬を処方して頂きました。
驚いたことに周りの妊婦さんも同じように処方されているのを見て、妊婦って大変だなと感じました。

妊娠生活も後期になりお腹が大きくなるにつれて、便秘薬も飲んでも、出ない日があったり、出産に対しての恐怖も出てきたりなど不安な面もありました。

そこで通っていた病院で母親学級に参加しました。

ソフロロジーとの出会い

たまたま、私が通っていた病院では、ソフロロジー分娩法というのを実施していました。

ソフロロジーって初めて聞く言葉だったのですが、この分娩法は、陣痛の間は長い息を吐き続ける呼吸法を用いてリラックスした状態で出産するものでした。

0-98

長い息を吐くことにより、母体も緊張がとれリラックス状態になり、赤ちゃんにも十分な酸素が行きわたるそうです。これは出産だけではなく、便秘の時にもいいと看護師さんが言っているのを聞いて便秘気味だった私は早速出産に向けての練習も兼ねてトイレで便を出す時にはこの呼吸法を用いました。

それまで酸欠状態になりながら出していたのでこの呼吸法にしてみると、いくらか楽に出せるようになりました。
呼吸法を変えるという発想がなかったのでこれには驚きました。

産後も授乳などで体の水分がなくなると、便秘気味になった時もこの呼吸法を用いりました。

ソフロロジーという言葉はあまり聞かない言葉ですが、妊婦の方には出産の練習にもなるのでおすすめだと思います。