便秘対策にはココナッツオイルと水分補給

毎回、妊娠後期から特に産後は酷い便秘に悩まされました。

産後の便秘なんて、力むと傷が痛いので、全く力む事が出来ないまま数日が過ぎていき・・・すっかり便秘症になり、カッチコチのうんちを出すのがとっても涙、涙、だったことを覚えています。

ですが、3人目の子供を出産した時に、便秘の対策としてココナッツオイルを摂取するようにしていました。
今時分、ココナッツオイルは大ヒットしている商品ですよね。

その良さは色々とありますが、あまり知られてはいないのですが、便秘にもとってもいい商品なのです。

ココナッツ

というのも、ココナッツオイルはとてもいい油なので、大量にとっても安心だという事で知られていますが、大量に取る事によってうんちがゆるくなるのです。

うんちがゆるくなる、というと心配される方もいらっしゃるので、商品販売に「うんちがゆるくなる」とはどこの商品でも言っていないのです。

ですが、うんちがゆるくなっても特に取りすぎてしまったから体に悪いということもないのがココナッツオイルのいいところなので、ゆるくしてくれるくらい食べても大丈夫なオイルなのです。

このオイルが妊娠後期の代謝の悪い時期の私に、いいうんちを出させてくれました。
産後も意識して摂取するようにしていたら、うんちの出は最初の出産と比べてとても良かったのです。

ココナッツオイル自体は体を冷やす作用もあるので、あまり取りすぎると産後の体を冷やしてしまう可能性があるので、ほどほどに摂取するのがいいと思いますが、食物繊維などを意識して食べるよりは効果は高い気がします。

そしてもうひとつ代謝をアップさせてうんちの出を良くするために大切なのは、水分をいつもより多く取る事です。
おっぱいが出たりして水分が失われる中、体の中のめぐりを良くさせるのはやはり水分です。
意識して取ってみてくださいね!

妊娠後期~出産後の便秘対策

妊娠後期から出産後はとにかく便秘に悩まされる人が多いですよね。
妊娠後期は体の動きも悪くなったり、体の中も赤ちゃんに栄養が行くようなからだのめぐりになっていて、自分への栄養や代謝などはどうしても二の次になってしまっています。

産後は体を休めることが中心ですから、もちろん腸の蠕動運動が活発になるような活動はしておらず、体の動きも悪くなっています。
出産というからだの急激な変化を終えたばかりの体内は、活動も普段の活動よりはアンバランスになっている状態です。

妊娠中の便秘、産後は特に力むことが極力できない状態になっていますので、便秘はとってもつらい症状となります。
だからこそ、妊娠中・産後は普段より代謝の落ちた体の状態だということを意識して、この時期は便秘にならないようにいつもより食べるものに気を使って行く事はとても大切な事だと思います。

まず、うんちが固くなってしまう大きな原因となるのは、代謝の悪さです。
その対策として、意識して水分を多く取るようにするといいです。

諸説では一日2リットルなどといわれていますが、意識してこまめに沢山とっているほうが便秘になりにくいと思います。
特に産後はおっぱいを出しますので、体の水分がおっぱいからかなり出ていってしまうのです。
そこに体を動かさないでじっと休んでいる状態が続くと、すぐ便秘になってしまうのです。

なので弁が少しでも水分を含んで出てくるように、水分は沢山取った方がいいです。
意識して飲んでいるのといないのとでは、本当に便の出に大きく影響するので、出産前から意識して飲むようにしているといいと思います。

そしてもうひとつ便の出をよくしてくれた食品は、ココナッツオイルです。
過剰に摂取するとうんちがゆるくなるくらいでした。
(沢山取ってゆるくなっても問題ない質の良い油なのです。)

ココナッツオイルは体を冷やすといわれているので、取りすぎは注意した方がいいですが、適度に取る事で本当にうんちがするっと出て大変便秘にいい食品でしたよ。

妊娠後期や産後は超の動きも活発ではないので、食品を意識するのがとっても大切だと思うので、皆さんも口にする食品を便秘効果のあるものに意識してみてくださいね!

水分不足は便秘のもと!

便秘・・・普段の生活でもお腹が苦しくなったりで気分が悪いのに、妊娠中や出産直後、授乳中で、身体が普通でないときの便秘は更に辛いですよね。
かといって、お薬で対処するのも少し気になってしまって、なかなかできません。

妊娠中は、特に臨月ともなると、赤ちゃんは2キロ、3キロとなります。他にも羊水、胎盤、それだけのものがお腹に入っているんです。
それだけあれば、あらゆる内蔵を圧迫しますよね。

膀胱も圧迫され、トイレが近くなって体の水分が少なくなるのも妊娠中の便秘の原因です。できるだけ水分を摂ってみてください。
しかし、お水をたくさん飲むというのも、今度は圧迫されている胃がそんなに受け付けず難しいかもしれません。日中、こまめに意識して水分を摂るようにしてみてください。

出産直後は会陰切開などの傷が完治せず、痔にもなりやすくて大変ですよね。
いきむのも怖かったりして、便秘になりがち。。。
そのまま授乳が始まると、また身体の水分がどんどん減ってしまって便秘がひどくなります。

授乳するとやたらとお腹がすいて、ついつい沢山食べてしまいがちですが、食べるよりも水分を摂ることを意識してみてください。
ジュース、コーヒーなどではなく、お水がいいと思います。

そして便秘の時には運動してみよう。
とは言いますが、妊娠中ならまだしも、出産直後は運動なんて出来ません。お母さんの体が辛いですし、寝不足、育児でヘトヘトな時に運動しようなんて気持ちにならないのではないでしょうか。そんな時間あったらゆっくり寝たいですよね。

しかし、それでもやっぱり便秘は辛いです。
運動不足で身体も調子が悪い。けれど運動している余裕はない。でも、なんとかしなきゃ。という方は、授乳のときには沢山水分を摂ってみてください。
そして、できれば誰かの協力を仰ぎ、ぐっすり寝る時間も作ってみてください。
身体の調子をできるだけ整えることができれば、便秘もきっと良くなるはずです。