青汁と8の字体操

私は2児の母です。普段はそんなに便秘になるということはなく、どちらかというと軟便に悩むタイプです。ところが、産前も産後もちょっとした便秘になりました。

産前は体操をするわけにもいかないかなぁと思い、実家の母に何気なく話したところ、「これ、飲んでごらん。私にはよくて、最近飲んでるよ」と教えてくれたのが青汁でした。

青汁

えー、青汁ぅ?と、飲みにくいイメージしかなかったのでちょっと尻込みしたのですが、母の話では飲みにくいことなんて全然ないというので、水で溶いて飲んでみました。
へぇ、青汁って、こんなんなんだ。と拍子抜けした感じでした。

外箱を見てみると、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖が入っているとのこと。
ミネラルやビタミンもたくさん入っているとのことだったので、変なサプリ飲まずに試してみようと少しもらって飲み始めたら・・これが私にはとてもよかったのです。
飲んでいれば大体毎日、何も苦労することなくお通じがあるようになりました。今、いろんな会社から青汁が出てます。いろいろ試してみるのはいいことだと思います。無料お試しもたくさんあります。

産後も青汁を続け便秘に苦しむことはなかったのですが、ちょっとお金がかかることなので運動するのもいいかなと思い、調べてやっていました。
人に聞いてやっていたのは、8の字体操です。腰に手を当てて、腰というか骨盤を前後左右に8の字を書くように動かします。
さらに、左手が当たる部分、つまり左側の骨盤付近には大腸の曲がり角があるので、そこを少し指で押すように刺激をします。
ここは便が外に出るまでの大腸の最後の急カーブなので、便が進みにくくなることがあるそうです。
8の字体操で便の進行を促し、最後の急カーブでとどまらないように刺激してあげるというわけです。これもかなり効果があったように感じます。

産後は赤ちゃんにおっぱいを吸われて、知らぬ間に水分不足になることもあるようです。
水分は意識してとるように気をつけるといいと思います。そう考えると、青汁飲んでおけば栄養補給もできて水分も取れるので、一番おススメです!

帝王切開でいきむのが怖い人にも

わたしは出産の時に、帝王切開を受けました。
予想外の帝王切開で驚きましたし、術後の痛さも尋常ではありませんでした。

手術の翌日には歩行許可も出ましたが、動くと痛みがあるために、トイレ以外はあまり積極的に動くことができませんでした。またトイレも排尿のみで、排便はいきむのが怖くてゆっくりトイレに座ることもできませんでした。

手術の前後で食事をとっていなくて、便になるものも少なかったのでしょう。また動かないことによる運動不足と、いきみ不足で便秘になってしまいました。

もともと快便だったので、心配ではありましたが、授乳があるので、薬はなるべく飲みたくありませんでした。

そんな時病院に差し入れしてくれたのが、オリゴ糖です。便秘にきくとされ、便秘がちの母が愛用していたのです。

私は正直これだけで便秘が解消されるのかと心配でしたが、お腹をマッサージすることもできずほかの手段がなかったので、オリゴ糖を試してみることにしました。
それから二日後に便意がやってきました。私は久しぶりの便だから、さぞかし固いし、もしかするとお尻が痛くなってしまうかもと心配でしたが、オリゴ糖を飲んだお陰か、とても柔らかい便が出たのです。

便秘が解消されたので、その日は3回と排便回数は多かったのですが、柔らかかったので、問題ありませんでした。

それからは便秘には、オリゴ糖を使用しています。
産後は痔にもなりやすいと聞いていたのですが、このオリゴ糖のお陰で痔になることもなく、産後の排便は快適に過ごせるようになりました。
あとは水分も大切ですね。私は牛乳にオリゴ糖を入れたり、水分を積極的にとるように意識していました。オリゴ糖は料理にも使えるので、手軽でおすすめな方法です。