食べ物で便秘改善

妊娠中や産後は赤ちゃんやママの体はとってもデリケートです。

その為、薬などは余り使いたくない時期ですね。

そこで、食事から改善できる便秘解消法をご紹介致します。

1,食物繊維を取ること

多くの方がご存知の便秘解消の「食物繊維」を取るということ。
しかし食物繊維には「水溶性食物繊維」という水に溶けやすい性質のものと「不溶性食物繊維」という水に溶けにくい食物繊維の二種類があります。
これは1:2の割合で取るのが理想的とされています。

水溶性食物繊維の多い食品はあぼかど、大根、納豆、昆布、めかぶ、かぼちゃ、りんご、バナナなどです。
不溶性食物繊維はの多い食品は大豆、小豆、いんげん、ブロッコリー、小麦(ふすま)、さつま芋、えのき、干しひじきなどです。

2,オリゴ糖を取る

これもまた多くの方がご存知のことかと思いますが、「オリゴ糖」を取ることもまた便秘解消に効果的です。砂糖に比べてカロリーも低いのでダイエットにも適しています。普段のお砂糖をオリゴ糖に替えるだけよいので手軽に摂取できますね。

3,乳酸菌や発酵食品を摂取する

ヨーグルト、納豆、チーズ、醤油、豆味噌などの発酵食品や、ヨーグルトなどの乳酸菌を取ることをオススメします。しかし塩分や糖分には気をつけましょう。

ヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べたり、味噌汁の具ごぼうや豆腐を入れて頂くと、さらに便秘解消に期待出来ると思います。

4,オリーブオイル

オリーブオイルも一日大さじ一杯を目安いに摂取するとよいとされています。エクストラバージンオイルのオリーブオイルを選び、パンに塗ったりドレッシングにして召し上がると摂取しやすいですね。

5,フルーツグラノーラを食べる

食物繊維も豊富で、妊婦さんにも人気の商品、フルーツグラノーラ。間食として食べたり、朝食の代わりに食べたりできるので便利です。しかし美味しすぎて食べ過ぎちゃう蛍光があるようなので、摂り過ぎには注意しましょう。

6,水分補給

妊娠中や授乳している間は赤ちゃんに水分をとられたり、母乳を作るためにお母さんの体内の水分が不足気味になります。これが便秘に繋がることもあるので、水分は一日2リットルを目安にこまめにとりましょう。水道の水よりミネラルウォーター、冷たいものよりホットミルクなど、温かいものがよいでしょう。