妊娠後期~出産後の便秘対策

妊娠後期から出産後はとにかく便秘に悩まされる人が多いですよね。
妊娠後期は体の動きも悪くなったり、体の中も赤ちゃんに栄養が行くようなからだのめぐりになっていて、自分への栄養や代謝などはどうしても二の次になってしまっています。

産後は体を休めることが中心ですから、もちろん腸の蠕動運動が活発になるような活動はしておらず、体の動きも悪くなっています。
出産というからだの急激な変化を終えたばかりの体内は、活動も普段の活動よりはアンバランスになっている状態です。

妊娠中の便秘、産後は特に力むことが極力できない状態になっていますので、便秘はとってもつらい症状となります。
だからこそ、妊娠中・産後は普段より代謝の落ちた体の状態だということを意識して、この時期は便秘にならないようにいつもより食べるものに気を使って行く事はとても大切な事だと思います。

まず、うんちが固くなってしまう大きな原因となるのは、代謝の悪さです。
その対策として、意識して水分を多く取るようにするといいです。

諸説では一日2リットルなどといわれていますが、意識してこまめに沢山とっているほうが便秘になりにくいと思います。
特に産後はおっぱいを出しますので、体の水分がおっぱいからかなり出ていってしまうのです。
そこに体を動かさないでじっと休んでいる状態が続くと、すぐ便秘になってしまうのです。

なので弁が少しでも水分を含んで出てくるように、水分は沢山取った方がいいです。
意識して飲んでいるのといないのとでは、本当に便の出に大きく影響するので、出産前から意識して飲むようにしているといいと思います。

そしてもうひとつ便の出をよくしてくれた食品は、ココナッツオイルです。
過剰に摂取するとうんちがゆるくなるくらいでした。
(沢山取ってゆるくなっても問題ない質の良い油なのです。)

ココナッツオイルは体を冷やすといわれているので、取りすぎは注意した方がいいですが、適度に取る事で本当にうんちがするっと出て大変便秘にいい食品でしたよ。

妊娠後期や産後は超の動きも活発ではないので、食品を意識するのがとっても大切だと思うので、皆さんも口にする食品を便秘効果のあるものに意識してみてくださいね!